注目の大阪市中央区で
バーチャルオフィスが最安の月額500円

通常のオフィスを借りるには多額の費用がかります。そのような方におすすめなのがバーチャルオフィス。通常のオフィスよりも費用が安く、住所として使用することも可能です。また、オプションとして魅力的なサービスも併せて提供できます。この機会に「ビズアシスト大阪のバーチャルオフィス」をぜひご利用ください。

注目の大阪市中央区でバーチャルオフィスが最安の月額500円

業界最安のバーチャルオフィスプランをビズアシスト大阪が提供!!

バーチャルオフィスを所在地として会社登記や法人開設が可能です。
しかも料金は大阪で人気エリアの中央区であっても、月額500円と業界で最も安く提供できます。

  • バーチャルオフィス

    バーチャルオフィス

    バーチャルオフィスの住所は、通信販売で必要となる「特定商取引法に基づく表記」、会社登記、郵便物の受取・伝送、電話番号・FAX番号などの利用もできます。

  • 電話転送サービス

    電話転送サービス

    バーチャルオフィスの電話転送サービスを利用することで、固定電話にかかってきた電話をスマホなどの端末で受け取ることができます。また、電話回線を使用するため音質も良く、仕事とプライベートを区別できます。

  • 電話秘書代行サービス

    電話秘書代行サービス

    お客様から電話がかかってきて受話器を取れない時など、専属のオペレータが電話対応を行い、大事なビジネスチャンスを逃しません。取り受けた電話の内容は、即座にメールにて報告致します。にはいります。テキストここにはいります。テキストここにはいります。テキストここにはいります。

  • 人気エリア

    大阪のビジネス中心地
    心斎橋の人気住所貸し

  • 最安値

    大阪で業界最安値の
    月額298円で利用可

  • ビジネスに最適

    郵便物・電話転送も
    充実なオプション

大阪府最安の当社
バーチャルオフィス
なら

01

法人登記・開業届はバーチャルオフィスの住所で!
大阪府でビジネス利用に人気の住所「心斎橋」を利用できます。

02

ビジネスに役立つプランが豊富! 050電話転送、秘書電話代行サービスなど充実!

03

業界最安値の月額298円に挑戦中!バーチャルオフィスなら当サービスへ!

※050電話番号転送や秘書電話代行のプランは単体でもお申込みいただけます。

ビジネスに合わせたシンプルな格安料金プラン

ビジネスの各シーンに合わせて
最適なプランをご提案します。

ネットショップに使えるライトプラン
(郵便物対応なし)

月額 298(県内業界最安値)

  • 業界最安値で心斎橋住所の利用
  • 宅配便転送

法人登記可能のベーシックプラン
(郵便物転送あり)

月額 500(一番人気のプラン)

  • 心斎橋住所の利用
  • 法人登記の利用
  • 郵便物転送
  • 宅配便転送
  • 30日間返金保証

※郵便物・宅配便転送の詳細は郵便転送のページをご確認ください。

起業・フリーランス・オンラインショップ開設
など
大阪のバーチャルオフィスは
このような方におすすめ

  • 大阪で事業を展開したい

  • 大阪の一等地の住所を登記したいが、コストを抑えたい

  • 取引先や顧客の信頼性を高めるために、大阪のビジネス中心地の住所が必要な方

  • 大阪でビジネスを展開したいが、大阪に事務所は必要のない

  • 自宅住所を公開したくない方

  • 起業やオンラインショップ開設の為に法人登記ができる住所が必要な方

  • 会社員をしながら、副業をしたい

  • プライバシーを守りながらオンラインショップを開設したい

  • おすすめ画像01
    おすすめ画像02

当社のバーチャルオフィスを
利用するメリット

ビズアシスト大阪のバーチャルオフィスを利用する
メリットについてご紹介します。

コスト削減

コスト削減

お客様の声をもとに試行錯誤を繰り返した結果、無駄なコストを削減し圧倒的に安いバーチャルオフィスを実現。大阪で最安値!圧倒的なコストパフォーマンスで提供しています。

ビジネスに最適

ビジネスに最適

「06や050電話番号転送」や 「秘書代行電話」「郵便物転送」「インターネットFAX」など、 オフィスに必要な機能が充実しています。ビジネスに最適なプランを豊富にご用意しております!

ブランド力アップ

ブランド力アップ

大阪でビジネスエリアとして大人気の心斎橋の住所を登記・開業届に利用可能。大阪でブランド力を発揮したい企業家の方やフリーランスの方におすすめです。大阪のバーチャルオフィスで起業へ!

大阪のバーチャルオフィス
ラインナップ

充実したサービスラインナップで
多様なビジネスニーズにお応えします。

  • 住所利用

    住所利用

    ネットショップの登記用の住所利用はもちろん、大阪の一等地住所を名刺やホームページに掲載できるので取引先や顧客の信頼が向上します。また、自宅住所とビジネス用の住所を切り分けることができるため、プライバシーを守ることに繋がります。

  • 法人登記・開業届

    法人登記・開業届

    ビジネスに特化した住所として、バーチャルオフィスは法人登記の本店所在地として使用が可能です。法人登記はもちろん、開業届、法人口座の開設にもご利用いただけます。名刺などに掲載する住所としても利用可能。これから起業する方へ!

  • 郵便物・宅配便転送

    郵便物・宅配便転送

    郵便物・宅配物転送サービスに標準対応しております。スタッフ受け取り代行や、優先お急ぎ発送などビジネスシーンに合わせたオプションもご用意しております。転送不要や、郵便局留めにも対応できるため、臨機応変に郵便物を受け取れます。

  • 電話番号転送

    電話番号転送

    コストを抑えてビジネス用の電話番号を持ちたい方におすすめです。 取引先からの電話を、携帯電話や会社、自宅の固定電話に転送します。 転送スピードも早く、機能もシンプルなので、簡単にご利用いただけます。

  • 秘書電話代行

    秘書電話代行

    取引先などからの電話を弊社スタッフがお受けし、受電した内容をメールでご連絡するサービスです。電話対応ができない繁忙期などに、格安で電話業務を代行いたします。オプションも多数、ご用意しております。

  • インターネットFAX

    インターネットFAX

    取引先などからのFAXをメールで受け取ったり取引先へのFAXをメールで送る事が出来ます。なお、FAX機器自体のご用意は不要で、パソコンのメールソフト、スマホアプリで送受信できるためコストを抑えられます。

お得なセットプラン

バーチャルオフィス初のサブスクリプションモデルをご用意しております。
大阪府最安値のプランです。

バーチャルオフィス
ライトプラン

[月額]298
[初期費用]3,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・宅配便転送
おすすめ!全国最安No.1

バーチャルオフィス
ベーシックプラン

[月額]500
[初期費用]5,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・郵便物、宅配便転送

050電話番号転送
セットプラン

[月額]1,580
[初期費用]5,000円
【利用サービス】
・那覇市の住所利用
・郵便物、宅配便転送

ビジアシスト大阪が今注目されているわけをご紹介!!

  • バーチャルオフィスで業界最安!!

    バーチャルオフィスで業界最安!!

    通常のオフィスを借りるには多額の費用がかかるので、事業をスタートする方にとって大きなハードルとなります。また、大阪という都市も集客やブランディングに役立ちます。

  • 住所は大阪で人気の中心部

    住所は大阪で人気の中心部

    日本でも屈指の集約力を誇る大阪で住所をもつことで、名刺や公式サイトに掲載でき、会社のイメージアップにも寄与することができます。

  • バーチャルオフィスのサービス内容

    バーチャルオフィスのサービス内容

    ■郵便物の受取・転送

    ■電話転送サービス

    ■電話秘書代行サービス

  • 信頼できるサービス

    信頼できるサービス

    バーチャルオフィス事業を始めてから5年、お客様サービスの向上とコストカットに注力してきました。大阪以外に東京、札幌、沖縄の4店舗に加え、来週名古屋でもオープンする運びとなり、今後ますますお客様にとって安心と信頼できるサービスを提供してまいります。

  • 30日間の返金保証

    30日間の返金保証

    初めてのご契約者様にも安心してご利用いただけるよう、30日間の返金保証を実施しています。法人口座開設ができないことが理由で解約する場合など、サービス内容に不満を感じた場合は返金致します。

バーチャルオフィス業界で初めて30日間返金保証を実現!!

バーチャルオフィス業界で初めて30日間返金保証を実現!!

初めてのバーチャルオフィスご契約者様にも安心してご利用いただけるよう、ご利用後30日間の返金保証を実施しています。せっかくバーチャルオフィスをご利用いただいたにも関わらず、法人口座開設、会社登記や開業届が行うことができないなど、バーチャルオフィスのサービス内容に不満を感じた場合に返金に応じるものです。初期費用、月額利用料ともに返金致しますので、バーチャルオフィスをご検討中の方も、安心してお申し込みいただけます。

バーチャルオフィスプランを安さの秘密を教えます!

バーチャルオフィスプランを安さの秘密を教えます!

お客様の声を大事に、試行錯誤を行いながらバーチャルオフィスのサービス向上を続けております。また、現在のバーチャルオフィスのサービスを維持していくためには多くの経費がかさみますが、それをいかにしてご利用されるお客様へ負担転嫁しないように費用の削減、業務の効率化ができるかを常に意識して事業運営を行っております。こうした努力が実を結び、お客様の利便性を追求した結果、大きく経費の削減することができています。今後もより一層、お客様が充実してご利用いただけるバーチャルオフィスを目指してまいります。

お客様の

当社バーチャルオフィスの
ご利用者の声をご紹介します。

30代 コンサルティング
30代 コンサルティング

私はフリーランスでコンサルティング業務をしています。取引先から郵送物を送るために住所を必要とされることが増えましたが、オフィスは必要ないため、バーチャルオフィスを利用することにしました。リーズナブルな利用料金でバーチャルオフィスが利用できるのは大きなメリットです。オフィスの住所は注目されるポイントなので、こだわって正解だと感じています。

20代 カウンセリング
20代 カウンセリング

私はカウンセラーをしており、訪問やリモート形式でカウンセリングを行っています。オフィスを持たず、自宅を使用していましたが、プライバシーの問題と第一印象の向上を考え、バーチャルオフィスを利用し始めました。仕事用の連絡先が確保できるプライバシーの問題をクリアしながらも、ネームバリューのある場所にオフィスを持つことができ、仕事にプラスになっています。

50代 エンジニアリング
50代 エンジニアリング

起業の下準備として、費用を抑えるためにバーチャルオフィスを検討しましたが、銀行や役場の承認が難しいという話に不安を感じました。しかし、スタッフの方が丁寧に説明し、問題なく承認が得られたため利用を始めました。オフィスのコストを抑えながら便利に利用でき、スタッフの対応も良かったと感じています。問題があっても相談できる安心感がありました。

40代 インストラクター
40代 インストラクター

私は仕事用の拠点住所としてバーチャルオフィスを利用しています。出張が多くオフィスを持つ必要はなかったのですが、宣伝のためにHPや名刺に自宅住所を公開することはリスクがあると考えました。そこでこちらを利用することにしました。バーチャルオフィスの利用は好立地の住所を手頃な価格で利用できるというメリットがあります。効果は想像以上で大変満足しています。継続して利用させていただきます。

50代 衣料品ショップ運営
50代 衣料品ショップ運営

私はネット通販の小規模な衣料品関連ビジネスをしています。自宅の住所を常に提示することに不安を感じていました。そこでバーチャルオフィスを探しこちらを選びました。スタッフの対応も素晴らしく、信頼できるため電話代行を安心して任せることができ、業務に集中できています。バーチャルオフィスと電話代行の組み合わせは料金以上のメリットがあると感じています。コスパのとても良いサービスです。

30代 システム開発
30代 システム開発

コストを抑えつつ、好立地のオフィスを必要としていたため、バーチャルオフィスが最適な選択肢でした。こちらは見積もりが明確でわかりやすく、立地も気に入ったため、利用を決めました。好立地のオフィスを利用することで信頼度が上がり、賃貸では予算的に不可能な物件でも利用できて助かっています。コスト削減が一番のメリットであり、役場や銀行の認可のハードルもクリアできました。

大阪で起業して
バーチャルオフィスを活用

業種別にバーチャルオフィスの活用事例を解説します。

  • ネットショップの運営

    ネットショップの運営

    自宅で大阪のハンドメイド雑貨を扱うオンラインショップの運営を始めるために、バーチャルオフィスを契約して起業しました。オンラインショップ開設には掲載する住所が必要となります。多くの人の目に触れる自宅住所をネット上に公開するのは抵抗がありました。しかしながら、バーチャルオフィスを使うことで、プライベートと仕事を分けることができ、仕事に集中できるようになりました。自宅住所を公開せずに、顧客からの信頼を得られている感じています。

  • インストラクター

    インストラクター

    自宅でインストラクターをやっています。クライアントとご挨拶する際は名刺をお渡ししますが、自宅住所を掲載するのに抵抗があり、住所欄は空欄のままでした。バーチャルオフィスを利用することで、大阪の中心地の住所を名刺に掲載することができ、クライアントからの信頼が上がったように感じます。住所が明記されていると生徒さんも増えましたし、クライアントも安心して取引できるようになったと思います。今後も信頼を堂々と得ながら、生徒とクライアントを増やしたいと思います。

  • WEBデザイナー

    WEBデザイナー

    ずっと東京でフリーランスで仕事をしていました。起業を考えましたが、作業場が自宅で足りているため、実際のオフィスを持つことは考えておりませんでした。もともと大阪で、フリーランスになる前は大阪の会社に就職していたため、その繋がりからお仕事をいただくことが多く、起業するなら大阪でやりたいと考えていました。現在、東京住まいですがバーチャルオフィスを利用することで大阪の住所で起業することができました。

  • コンサルタント

    コンサルタント

    仕事柄、取引先と対面することが多いため、日中は大阪市内を駆け回っています。ですので、わざわざオフィスを構える必要はないと思っていましたが、作業場が自宅兼作業場のため、電話や郵便物などの受け取りで家族にも迷惑がかかってしまっていました。バーチャルオフィスの秘書電話代行サービスや郵便物転送サービスを利用することで、コスト負担を最低限にして家族の負担も減らし、業務に集中できるようになりました。

  • WEB制作

    WEB制作

    大阪のお客様を中心にWEBページのデザインを行っています。自宅をオフィスがわりにして、作業は自宅の自室で行っていました。事業規模が拡大し、自分以外のスタッフも必要となったため起業することにしました。しかし、WEB制作という業務の特性上、ネットワークがあればどこでも仕事ができるため、スタッフは在宅ワーク中心となりました。わざわざリアルな事務所を構える必要性も感じず、コストカットのためバーチャルオフィスを選択することにしました。

  • 副業でネットショップ

    副業でネットショップ

    大阪で副業として自分の雑貨店を開くためにオンラインショップを開設しました。副業のため、時間もあまり使えず、オフィスを構えるほどの投資をする余裕もありません。また、自宅住所を公開せずに特定商取引法を満たす必要があり、コストを削減できるバーチャルオフィスを利用することにしました。将来的にはバーチャルオフィス利用により、削減できたコストで、実店舗を運営できるように、日々精進しております。大阪で実店舗を構えられるようにバーチャルオフィスに頼りながら資金を貯めます。

もっと知りたいバーチャルオフィスとは

大阪のバーチャルオフィス豆知識

もっと知りたいバーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスは、実際のオフィス空間を借りずに、住所や電話番号・FAX番号などのオフィス機能の一部を利用できるサービスです。例えば、登記簿謄本や名刺などに記載できる、事業用の住所を利用できます。また、郵便物をバーチャルオフィスの住所で受け取り、指定住所へ転送するサービスを利用できたり、事業用の電話番号を取得し事業所にかかってきた電話をオフィススタッフが代行して対応するサービスを利用できます。バーチャルオフィスは、実際のオフィスを借りるよりも費用が大幅に抑えられ、時間や場所に縛られずに仕事ができるというメリットがあります。また、コストをかけずに大阪市内などビジネスの中心部の一等地の住所を利用することも可能です。自宅住所と切り分けて利用できるため、プライバシーが保たれます。この理由から、フリーランスや起業したい方、オンラインショップを経営したい方などに主に利用されています。

バーチャルオフィスサービスの
選び方のポイント6選

全国に数多く存在するバーチャルオフィスから自身に最適なものを選ぶポイントを6つに厳選しました!

登記は可能?必要サービスを見極めましょう

バーチャルオフィスを選ぶ上で一番重要なことは、自身にとって必要なサービスが揃っているか否かという点です。特に起業する方は「法人登記」が出来るこが重要なポイントとなります。中には法人登記に利用できないバーチャルオフィスもあるので、契約前に確認するようにしましょう。また、オフィスサービスとして、「電話転送」や「電話代行」、「郵便物転送」などのサービスが用意されていることも確認しましょう。オプションサービスも含めて検討するようにしましょう。
登記は可能?必要サービスを見極めましょう

バーチャルオフィスの住所を確認しましょう

オンラインですべての手続きが完結するのもバーチャルオフィスのメリットのひとつです。実際にその住所で業務をするわけではないにせよ、名刺やホームページに掲載する住所となるので、バーチャルオフィスがどんな場所にあるか、実際に見てみるほうが良いでしょう。目で見て確かめることが難しい場合は、ネットなどから情報収集しておくほうが良いです。ビジネスシーンにおいて、いつバーチャルオフィスの住所の話題になるか分からないので、事前に対策をとっておきましょう。
バーチャルオフィスの住所を確認しましょう

トータルコストで決めましょう!

バーチャルオフィスを契約する上で必要な費用は、サービス利用料金だけではありません。実際のオフィスを借りるよりコスト削減できるのは当然ですが、それでも初期費用や保証金などがかかるバーチャルオフィスもあります。また月額利用料金だけではなく、自身の必要なサービスが有料オプションの場合もあります。業務で使う必要なサービスを洗い出し、初期費用とランニング費用の両コストを算出したうえで、自身の予算に合ったバーチャルオフィスを選びましょう。
トータルコストで決めましょう!

バーチャルオフィスの運営会社は信用できる?

意外と見落としがちなのがバーチャルオフィスの運営会社の評判や実績です。利用料の安さや住所に目を奪われがちですが、バーチャルオフィスの運営会社の評判や経営体制についても確認することが重要です。運営会社の経営体制がしっかりしていなければ、突然、バーチャルオフィスの住所が使えなくなるといったトラブルにより、自身の評判を落とすことにつながりかねません。最低限のリスクヘッジは行うようにしましょう。
バーチャルオフィスの運営会社は信用できる?

バーチャルオフィスの住所は自分の印象?

バーチャルオフィスの住所は、自身のイメージに影響を与 えます。例えば、大阪のビジネスエリア一等地の住所であれば、企業の規模や安定性をアピールすることができます。これによって、クライアントや顧客に「安心感」や「信頼性」を伝えることができるでしょう。ブランディングにも繋がりますので、どこの住所のバーチャルオフィスを選ぶかも重要なポイントとなります。
バーチャルオフィスの住所は自分の印象?

契約前に確認することは?

バーチャルオフィスを利用するには契約が必要となりますが、今後の自身の会社の住所となるため、契約の内容や更新手続き、解約に必要な手続きなどは事前に確認しておくようにしましょう。また、通常は契約前に運営会社からの審査が必要となるケースが多いですが、審査を行っている運営会社は経営もしっかりしているといえるので、面倒ですがしっかり対応しましょう。
契約前に確認することは?

大阪のお役立ち情報

大阪のビジネスに関するお役立ち情報をご紹介します。

大阪でバーチャルオフィスをビジネス拠点にするとメリットがあるって本当?

大阪でバーチャルオフィスをビジネス拠点にすることには、多くのメリットがあります。まず第一に、大阪は日本有数の経済都市であり、多くの企業やビジネスが集まっています。そのため、ビジネスネットワークを構築しやすく、新たなビジネスチャンスを見つけることができます。また、大阪は交通の便が良いため、出張や会議にも便利です。新幹線や飛行機を利用すれば、他の地域とのアクセスもスムーズに行うことができます。さらに、大阪には多くの商業施設やレストランがあり、ビジネスの合間にリフレッシュすることもできます。さらに、大阪は創業支援やビジネス支援の制度が充実しています。大阪府や大阪市などが提供する様々な支援制度や助成金を活用することで、ビジネスの成長を促進することができます。また、大阪は若者や外国人労働者が多く暮らしており、多様な人材との交流が期待できます。大阪は食文化や観光地も充実していますので、ビジネスの合間に美味しい食事や観光を楽しむことができるため、ワークライフバランスを充実させることができます。
このように、大阪でバーチャルオフィスをビジネス拠点にすることは、ビジネスの成長やネットワークの拡大、生活の充実など、多くのメリットがあります。ぜひ、大阪をビジネスの拠点として検討してみてください。

大阪でバーチャルオフィスをビジネス拠点にするとメリットがあるって本当?

大阪にバーチャルオフィスでビジネス拠点を構えると、人情味がある文化に触れられる?

大阪は「値切る」文化があるといわれていますが、実際に東京と比べると物が安い傾向にあります。大阪の人にとって、値切り交渉は単なる金銭的なやり取りではなく、コミュニケーションの一つであり、互いを理解するための日常のやりとりとも言えます。このような文化から、商売が活発なイメージのある大阪です。また、大阪の人々は、人情味にあふれ、困っている人を放っておけない気質があります。そのため、値切り交渉で行き詰まった場合でも、店側が情けをかけて値引きしてくれることもあります。このような文化は江戸時代から続く、大阪独特の文化です。このように、大阪は人々がフレンドリーで温かい雰囲気を持っています。地元の人々は親しみやすく、助け合いの精神が根付いています。起業家としては、この人情味ある町の雰囲気を活かして、地元の人々とのつながりを築くことができます。地元のサポートや口コミによる広がりは、起業活動にとって非常に有益です。人々の温かみに触れながら起業したい方は「大阪」を候補にいれることをおすすめします。

大阪にバーチャルオフィスでビジネス拠点を構えると、人情味がある文化に触れられる?

経費削減だけじゃない!バーチャルオフィスで起業する魅力を最大限に活かそう!

バーチャルオフィスを利用して起業することは、経費削減の手段として一般的に知られていますが、その魅力はそれだけにとどまりません。バーチャルオフィスは、起業家にとってさまざまな利点をもたらす優れた選択です。まず第一に、バーチャルオフィスは柔軟性があります。オフィススペースを借りる必要がないため、物理的な制約を受けることなくビジネスを展開することができます。時間や場所にとらわれずに仕事ができるため、自身のスケジュールに合わせた効率的な作業が可能です。また、バーチャルオフィスはワークライフバランスを保つための手助けともなります。大阪はカフェが豊富ですが、カフェでリフレッシュしながら働くなど、自分が働きやすい環境で仕事ができるため、ストレスや疲労を軽減することができます。自由な働き方を実現しながら、仕事とプライベートの調和を取ることができます。また、国内外の顧客やパートナーとの連携をスムーズに行い、グローバルな競争力を持つことができます。経費削減だけでなく、バーチャルオフィスで起業することにはさまざまな魅力があります。柔軟性、プロフェッショナリズム、ワークライフバランス、グローバル展開など、自身のビジネスに最適な環境を作り上げましょう。

経費削減だけじゃない!バーチャルオフィスで起業する魅力を最大限に活かそう!

大阪で起業する?大阪らしいアイディアが生まれることも?

大阪でバーチャルオフィスを利用して起業する場合、大阪ならではのエピソードがあります。例えば、大阪では、バーチャルオフィスの運営者やスタッフの人情味があふれており、起業家に対して親身になってサポートしてくれるケースが多いです。ビジネスプランの相談や顧客紹介、行政手続きのサポートなど、手厚いサポートを受けることができるでしょう。また、大阪では起業家向けの交流イベントが頻繁に開催されており、他の起業家や投資家との交流や情報交換、人脈作りができます。さらに、大阪府や大阪市が起業家や中小企業を支援するための制度を充実させており、創業融資やコンサルティングなどの支援を受けることができます。
また、大阪の人々はユニークで面白いアイデアを生み出すことに長けており、バーチャルオフィスを利用して大阪らしいユニークなサービスを展開する起業家も多くいます。大阪は東京と比べると物価が安く、バーチャルオフィスの費用を抑えることができるケースも多いでしょう。さらに、行政による支援制度も充実しており、資金調達や創業後のサポートを受けられる可能性があります。

大阪で起業する?大阪らしいアイディアが生まれることも?
大阪府とは

大阪のバーチャルオフィス豆知識

大阪府とは

大阪府は、日本の中部地方に位置する府であり、人口は約880万人の東京と並ぶ日本有数の都道府県です。大阪市を中心に、南部には堺市や岸和田市などの主要都市があります。大阪は、日本の経済や文化の中心地であり、関西地方の政治・経済・文化の拠点として栄えています。また、大阪府は観光地としても人気があり、大阪城や通天閣、道頓堀などの名所があります。大阪府は、食文化も豊かで、たこ焼きやお好み焼きなどのグルメが有名です。さらに、大阪府は交通の便が良く、関空や新大阪駅などを中心に、国内外へのアクセスが容易です。大阪府は、教育や医療、福祉などの社会基盤も充実しており、住みやすいエリアとして人気です。

大阪府大阪市の概要

大阪のバーチャルオフィス豆知識

大阪府大阪市の概要

大阪市は、日本の中部地方に位置する都市であり、大阪府の県庁所在地です。人口は約270万人を抱え、日本で2番目に人口の多い都市です。大阪市は、経済・文化・交通の中心地であり、関西地方の中心都市として栄えています。大阪市は、古くから日本の商業の中心地として栄えてきた都市です。また、大阪市は、商売繁盛の神様として知られる「えべっさん」こと夷子神社や、大阪城、道頓堀などの観光スポットがあることでも知られています。また、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの料理や、串カツなどの大阪独自の食文化も魅力です。大阪市は、活気あふれる人情の街でもあります。大阪の人は、明るく親しみやすい性格で知られています。また、お笑い文化が盛んで、漫才や吉本新喜劇などの喜劇が人気です。大阪市は、歴史、文化、経済、食など、さまざまな魅力を持つ都市です。日本の都市文化を体験したい人には、大阪市はおすすめの都市です。

大阪でビジネスを始める理由

大阪でビジネスを始めるわけをご紹介!!

  • 大阪という地域ブランドを会社のブランディングに!!

    ビジネスを始める上で大阪市は非常に最適な場所です。ビジネスにおいて経済・産業の活発さはとても重要であり、大阪市は中心都市としてそれらを兼ね備えた都市です。そんな魅力あふれる大阪でバーチャルオフィスを利用してみませんか。バーチャルオフィスを利用すれば、大阪に引っ越さなくてもすぐにビジネスを始めることができます。
    大阪には多種多様なビジネスチャンスが転がっています。独自に発展を遂げた食文化や自然環境等も豊富に存在し、新たなビジネスを生み出すこともできます。その一助として、ぜひ「ビズアシスト大阪」のバーチャルオフィスを利用していただき、新たなビジネスを開拓してください。大阪という地域ブランドがあなたの会社をブランディングし、新たなステージへ押し上げることでしょう。
    また、大阪で通常のオフィスを借りるとなると、多額の費用がかかり、資金を用意することができず二の足を踏むこともあるでしょう。しかし、バーチャルオフィスならば通常のオフィスよりも費用が圧倒的に安く、住所として使用することも可能です。今こそ、大阪のバーチャルオフィスを利用してみてください。

    大阪という地域ブランドを会社のブランディングに!!
  • 大阪というアドバンテージを活かす

    大阪と聞けば何を思い浮かべるでしょうか。ほとんどの人が、大阪の名所や名物をイメージするのではないでしょうか。大阪はそれだけの知名度があり、それは国内だけにとどまらず外国まで及んでいます。その知名度の高さを利用して、大阪のバーチャルオフィスでビジネスを行う上でのアドバンテージにしませんか。
    これはビジネスをする上で大きな武器となるもので、知名度のある大阪に住所があることによって、取引先の企業からの信用にも繋がり、「あの有名な大阪に住所があるなら、ちゃんとした企業なのだろう」と思ってもらえること必至です。
    「ビズアシスト大阪」のバーチャルオフィスであれば開業手続きも容易に行うことができ、通常のオフィスを借りる手続きは数週間程度の時間がかかることが多い中、急ぎで利用したい方にとってもスピード感をもって開業することができます。大阪のバーチャルオフィスは、外国からの人気も高いため、外国向けの事業を行う上でピッタリです。東京に次ぐ第二の都市大阪は、外国からの受けも非常に良く、この機会にぜひバーチャルオフィスを利用してビジネスを始めてみませんか。

    大阪というアドバンテージを活かす

大阪で事業を開始するならバーチャルオフィスで!!

  • 新たなビジネスを拡げるのに適した大阪

    大阪では、観光業や飲食業が活況を呈していて、大阪市が進出する企業に対して手厚い支援を行っていることも功を奏し、近年IT業界の進出が目覚ましく増加しています。また、大阪市内には大学、研究機関も多く集積し、大阪市内外から人材を呼び込める環境にあるため、産学連携による新たなビジネスも生まれやすく、企業の進出を促す土壌が整っています。
    観光都市大阪では、そんな文化的な風土もあり、新たなビジネスを拡げる上で適した地域であると言っても過言ではありません。大阪でビジネスを検討している方は、ぜひともこの好機を捉え、豊かな観光資源に恵まれたこの土地ならではのビジネスを展開するために大阪のバーチャルオフィスを利用してみませんか。

    新たなビジネスを拡げるのに適した大阪
  • 大阪ならではの強みを活かす

    大阪市は起業するための手厚い支援を行っていて、大阪市は開業率が高く、多くの事業者が大阪にビジネスチャンスを求めてやってきます。
    また、大阪ではこのような手厚い支援の他、ビジネスパーソンの育成にも力を入れるなど、人材資源も豊富であり、新たなビジネスを拡げる上でこれ以上にない環境であると言えます。観光都市大阪に根付いた既存のビジネスだけではなく、大阪ならではの地域性を活かしつつ、そこにITサービスを融合させたこれまでに例のない事業を開発することも可能であると考えます。新たなビジネスをお考えの方は、バーチャルオフィスを利用してぜひ大阪で事業をスタートしましょう。

    大阪ならではの強みを活かす
  • 新たな事業を開始したい方はバーチャルオフィスで!!

    観光都市大阪は、国内外を通して屈指の観光名所であり、大阪ならではの観光資源も豊富なことから、それを駆使した商売の好機が非常に豊富にあります。また同時に、大阪ではITサービス産業も数多く集積し、新規開業者も増加しています。バーチャルオフィスで開業したソフトフェア開発やITビジネスの会社も大阪市内には多く存在しており、新たに開業する事業者と連携できる期待が持てます。新たに開業する事業者の多くは、バーチャルオフィスを利用していて、新規で事業を始める選択肢として今最も注目されています。

    新たな事業を開始したい方はバーチャルオフィスで!!

バーチャルオフィスの利用実績

それでは、バーチャルオフィスの利用実績・主な活用方法についてご紹介しておきましょう。

バーチャルオフィスの利用実績

会社を設立し法人登記を行う

イニシャル面でもランニング面でも大きな費用負担が出来、さらにはリスク回避も可能。 これまでハードルが高かった会社の設立が、バーチャルオフィスの登場で随分と緩和されました。ただ、会社を設立する際には、法人登記をしなくてはなりません。 これもバーチャルオフィスで対応可能なのですから、申し分ありませんね。とはいえ、業種によってはバーチャルオフィスでの登記が出来ないものもありますので、ご注意ください。
さて、この法人登記と関連して次の事もバーチャルオフィスでは可能になります。

・銀行口座を開設する

銀行口座の開設も、基本的にはバーチャルオフィスでの対応は可能です。 ただ、法人口座の場合には、金融機関による厳格な審査を受ける事になります。 その場合に、バーチャルオフィスだと不利に働く事もあるようですが、インターネットバンクや一部都市銀行等でも対応してくれるようです。

・許認可等の届け出

こちら許認可等の届け出も、基本的にはバーチャルオフィスでの対応は可能です。 ただし、業種によりバーチャルオフィスでは許認可が受けられないものも存在しますので、お気を付けください。

・イメージアップ

法人登記を行い企業として活動するのであれば、その時点で個人・フリーランスよりも信用を得やすいですしイメージ的にも良いでしょう。 また、住所を一等地や業種にあった最適な場所に選ぶ事で、ブランディングイメージも大幅にアップさせる事が出来ます。 勿論、それは結果・業績に繋がりやすくなります。 ブランド構築という意味でもバーチャルオフィスは十分効果的といえるでしょう。

貸し与えられた住所をフル活用する

事業を始めれば、会社案内・パンフレット、名刺、各種必要書類、ホームページ等で住所を記す必要があります。 特に不特定多数の方々が見ることが出来るホームページ等に住所を晒すのは抵抗がありますが、バーチャルオフィスで貸し与えられた住所をこれらに利用することが出来ます。 リスクを心配せずに事業に専念出来る。これは、非常にありがたい恩恵といえるでしょう。

インターネット通販でも効果的

実は、バーチャルオフィスはインターネット通販等のオンライン販売でも非常に効果的です。 オンライン販売の場合には、「特定商取引法」により販売者の名前・電話番号・住所を明記する必要があります。 つまり、それを個人でやるとしたら、個人情報をインターネット上で晒す事になります。 利益以上にリスクが伴う可能性も否定出来ません。 バーチャルオフィスなら、電話番号・住所をそのまま使う事が可能ですから、非常に大きなリスク回避といえるでしょう。

その他

バーチャルオフィスの活用例は上記だけではありません。 それこそ、オプションサービスを利用すれば活用方法はまだまだ広がります。 例えば、電話代行サービス。 これを使えば、貴重な時間を電話対応に取られずに済みます。 貸会議室も然り。 常設せずに、必要な時にだけ会議室を使う事が出来るのは非常に効率的です。 コンサルティングやセミナー等の開催には重宝してくれます。

このように、バーチャルオフィスを上手に活用する事で、より効果的より効率的な事業展開が可能になります。 使い方次第で、何倍にも有効活用が出来る。
それもバーチャルオフィスの魅力といえるでしょう。

バーチャルオフィスでの登記ができない業種

バーチャルオフィスを利用する場合に、「登記先にすることは可能なのか?」と気になる方も少なくありません。
結論から先に言ってしまうと、それは基本的に可能です。
ただし、業種によっては「既定の事務所面積が必要」「実態のある事務所が必要」等の制限があり、バーチャルオフィスでの登記が出来ない場合もありますので注意しましょう。

バーチャルオフィスでの登記ができない業種

バーチャルオフィスにて借りるバーチャルオフィスを登記先にすることが出来ない業種ことのできるサービスとは

バーチャルオフィスを登記先にすることが出来ない業種としては次のようなものがあります。

・人材派遣業

・職業紹介業

・司法書士、税理士等の士業

・中古品販売やリサイクルショップ等の古物商の認可が必要な業種

・一般廃棄物収集運搬業

・不動産業

・建設業

・探偵業

・金融商品取扱業

・風俗業


また、仮に登記先とすることが出来たとしても、他に「実態のある事務所」を必要とする許認可や届出等を行う場合には、事業を開始する事が不可能となりますので気を付けましょう。 「廃棄物処理業」等がそれで、この場合には古物商や一般廃棄物収集運搬業の認可が必要となります。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、その名の通り実態の伴わない「仮想の事務所」つまり事務所用に住所を貸し出すサービスになります。
そういった意味では、シェアオフィスやレンタルオフィス等のような物理的にスペースを貸し出すようなサービスシステムとは異なり、バーチャルオフィスの場合には、実質的な作業場は別途必要になります。

仕事形態が多様化を見せる現代において、新たに起業する方や個人で事業を行う方も増えています。 法人でも個人でも、銀行口座開設や郵便物の受け取り等諸々のシーンで住所が必要になりますし、取引先は勿論、インターネット上で住所を公表する必要が出て来るケースもあるでしょう。 そうなると、ご自身の住所だと様々なリスクを伴う可能性もあります。 だからといって、普通にオフィスを借りるとなると、初期費用さらには毎月の賃料を払わなくてはなりません。 こうした事を負担と感じ起業を躊躇する方もいるようですし、実際に事業を始めこの負担に苦しむ方も少なくありません。

これらを回避出来るのが、バーチャルオフィスです。 表向きには事業所を確保しつつも実質はご自宅等で作業を行う。 リスクと経費を軽減し、信用面でも効率面でも非常に効果的です。

パソコンとインターネット環境が整った現在では、自宅のパソコンで十分仕事が出来るようになりました。 バーチャルオフィスは、そんな時代にマッチした画期的なシステムといえるでしょう。 今、起業時、フリーランス、スモールビジネス、オンラインショップ等を中心に、人気に火が付き始めています。

個人で事業を始めたい。
自宅で事業を始めたい。
出来るだけ経費を抑えたい。
でも、信用も得たいし、リスクも回避したい。
そんな方にとって、バーチャルオフィスは有益な選択肢の一つとなります。 バーチャルオフィスを理解される事、それが貴方のビジネスプランを成功に導いてくれる。そんな可能性もあります。

今話題のバーチャルオフィス。 検討価値は十分にあるのではないでしょうか。

バーチャルオフィスのサービス内容

ここ数年で注目を集め、今では様々な会社が運営するバーチャルオフィス。 ここでは、バーチャルオフィスではどのようなサービスを利用する事が出来るのかをご紹介します。 バーチャルオフィスのサービスは、大きくは基本サービスとそれ以外のサービスとに分かれます。 前者は大抵のバーチャルオフィスの運営会社が共通して実施していますし、後者は運営会社により違いもありますが、プランのグレードアップや追加オプションにより利用することで出来るようになります。

バーチャルオフィスのサービス内容

一般的な基本サービス

大抵の会社が実施している基本サービスは次になります。

・住所のレンタルサービス

事務所所在地として住所を貸し出してくれます。 名刺やホームページ、会社案内、事業案内、パンフレット等への記載も問題ありません。 貸し出された住所を「開業届」に使う事も可能ですし、一般的には法人登記をすることも可能です。
※ただし、業種によってはバーチャルオフィスでの法人登記が出来ないものもありますので注意が必要です。

・郵便物や荷物等の取次ぎ・保管・転送サービス

貸し出された住所宛に届いた荷物や郵便物等を受け取り、保管してくれます。 また、それらを指定する住所へ転送する事も出来ます。 ※ただし、転送サービスは運営会社により異なりますが、オプションの場合もあります。 また、転送の頻度は、その都度や週に1回、2回等とこちらも運営会社により異なります。

基本サービス以外

基本サービス以外のサービスは運営会社により異なりますが、概ね次のようなものがあります。
また、こちらの利用はオプションになる場合もあります。

・電話番号貸与サービス

バーチャルオフィスでは、住所だけでなく、電話番号の貸し出しも行っています。更に、かかって来た電話を指定の番号に転送する「電話転送」電話オペレーターが対応する「電話代行」等のサービスもあります。
※電話代行の内容は、メールにより知る事が出来ます。

・会議室貸し出しサービス

貸し会議室が設置されているバーチャルオフィスの場合であれば、商談等の打ち合わせでこれを利用する事が可能です。
ただ、貸し会議室の利用には、ほとんどの場合、別途料金が必要になります。
また、会議室以外にも共有スペースを貸し出してくれるところもあります。

これら以外にも

・名刺、会社案内、ホームページ制作請負サービス

・各種代行サービス「会社設立、経理、記帳、テレアポ、DM、営業等」

・FAX利用、FAX番号の貸し出しサービス

・各種セミナーの開催

・会員間交流会

・各種コンサルティング、申請代行「助成金や補助金、融資等」

等、様々な利便サービスもあるようです。

バーチャルオフィスの選び方

それでは実際にバーチャルオフィスを活用しようと思った場合に、何を基準に選べばよいのか?
バーチャルオフィスの選び方についてご紹介します。
基本的には次の事を念頭にバーチャルオフィスを選ばれると良いでしょう。

バーチャルオフィスの選び方

立地及び周辺環境

まずは、事務所のイメージを決めてしまう住所と立地、その周辺環境が大切です。 ビジネスの信頼度を高める為には、どのエリアにオフィスがあるのかは、営業戦略も含め非常に重要。 ビジネスにおける一等地の住所であれば、企業の信頼度は抜群にアップします。 仮に、バーチャルオフィスで商談を持つような場合にも、交通の利便性も含め相手に好印象を与えるでしょう。
勿論、人材を採用する場合も然りです。 優秀な人材を揃えるのであれば、このあたりも非常に重要になりますね。 また、交通の利便性以外にも商業施設や駐車場の有無等の周辺環境も重要になります

建物や街のイメージ

こちらは先程の立地及び周辺環境とも関係しますが、建物のイメージや街のイメージも重要です。
例をあげますと、普通なら借りることの出来ない一等地の高層ビルで登記が出来るのもバーチャルオフィスならでは。 それだけで会社のイメージも一緒に格上げしてくれます。 また、街のイメージも同じです。 例えば、デザイン等のアパレルに関係する業務だとすれば、東京の表参道・原宿等が理想的。 イメージは勿論、そのエリアにはクライアント候補が沢山存在しますから。
ただし、これはあくまでもイメージ戦略ですから、コスト削減が第一で戦略的にも必要なければ、そこまでこだわる必要はありません。

運営会社

バーチャルオフィスを運営する会社の確認も非常に重要です。 何とか事業を始めたのに、運営会社が経営不振等で倒産してしまっては、経済的損失は勿論ですが、それ以上に自身の信頼そのものも失墜してしまう可能性もあります。
チェック項目としては

・運営実績(年数的には5年以上が目安)

・資本金(1,000万円以上が目安)

・業績変動(最近下降気味なら避けたい)

・利用者の口コミ


また、運営会社自体ではありませんが、そこで過去のトラブルなんかも注意したいところです。 違法行為や犯罪行為等が行われたバーチャルオフィスの場合には、あらゆる面での信用が落ちてしまう可能性も否定出来ません。

延長や解約等も含めた契約形態

契約形態もバーチャルオフィスを選ぶ際には注意したいポイントです。 運営会社により異なりますが、バーチャルオフィスの場合に1年契約とするところも少なくありません。 途中解約の場合に、違約金の発生や残りの期間分の支払いが生じたり、一括払いなら返金が成されない事もあります。 何らかの事情で転居又は事業を終わらせる事もあるでしょう。 そのような時にトラブルにならないように事前に契約形態を把握しておく必要があります。
また、解約や延長の通知期間も必ず確認しておきましょう。 スムーズな解約が出来なかったり、勝手に更新しないと判断されてしまう危険性もあるようです。

料金

当然バーチャルオフィスを選ぶ時にこの料金も大切なポイントです。 ご自身の予算をオーバーしてしまえば、バーチャルオフィスを利用する意味が薄れてしまいます。 バーチャルオフィスの料金設定は、運営会社や場所やサービス等の諸条件により大幅に差があります。 それこそ月額1,000円程度のものから数万円規模のものまでと様々。 1,000円程度のものであればサービス内容が限定的ですが、最低限のコストでの事業展開を目指す方にはお勧めでしょう。 高額なものであれば、住所もそれなりの場所となりますしビル自体も申し分ありません。イメージアップ戦略を用いる方には最適です。 いずれにしても、予算と目的、双方の観点からご自身に最適な価格のバーチャルオフィスを選ぶ必要があります。

サービス内容

こちらは先程の料金と大きく関係するのですが、予算の中でどのようなサービスを受けられるのかもチェックポイントといえます。 基本的なサービスだけで安い料金を選択するのであれば問題はありません。 ただ、別途料金となる事が多いですが、電話転送や各種代行サービス、会議室をはじめとするワークスペースの利用等、非常に有益なサービスも存在します。 使う頻度はまちまちでも、自分が使う可能性のあるサービスがあるか否か、こちらもバーチャルオフィスを選ぶ際には確認しておきましょう。

会社設立の場合に登記が可能か

個人事業主としての開業の場合には関係ありませんが、法人としての起業の場合には、そのバーチャルオフィスで登記が可能か否かの確認は必要です。 数多く存在するバーチャルオフィスの中には、登記が出来ないものもあるようです。 また、これは個々のバーチャルオフィスの問題ではありませんが、業種によってはバーチャルオフィスを利用した登記が出来ないものもありますので、ご注意ください。

入会審査の基準

入会審査の基準を確認する事も、バーチャルオフィスを選ぶ際には是非確認しておきたいところです。 それというのも、これがあまりにも簡単な場合には、詐欺グループや反社会勢力等の人間も容易に審査に通ってしまいます。 自分と同じ住所が犯罪の温床となっていた。そんな危険性も捨てきれません。 それ以外にも予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。 そんな事が無いように、入会審査基準が正常か否かの確認はしておきましょう。

上記以外にも
・スタッフ常駐の有無(常駐の場合には印象や対応力)
・営業時間
等も事前に確認しておきたいポイントです。

バーチャルオフィスを利用するべき人の特徴

ところで、バーチャルオフィスは、いったいどのような方に向いているのでしょうか。 「バーチャルオフィスを是非ともおすすめしたい!」そのような方の特徴をここではご紹介します。

バーチャルオフィスを利用するべき人の特徴

自宅での法人登記が難しい方

普段の作業のほとんどを自宅か相手先で行っている方が法人登記を考えた場合、必然的に自宅住所での登記が第一候補となります。
しかし、自宅での法人登記が難しい場合もあります。

・自宅マンションの規約上、法人登記が認められない

・リスク等を考慮し自宅住所を晒す事に抵抗がある

・プライバシー空間は確保しておきたい。

リスクやプライバシーに関しては、特に女性の場合は気を付けた方が良いでしょう。 こうしたお悩みを持たれる方々から好評なのがバーチャルオフィスです。 電話転送や代行サービス、施設利用サービス等を上手に活用すれば、今以上に効率的に作業が行えるのも魅力です。

一等地にオフィスを構えたい方

魅力的な一等地に事務所を構えたい。これは多くの方が願う事です。勿論、ブランディングイメージという観点からも、ビジネス上非常に大きな意味を持ちます。一等地に事務所を構えれば、家賃だけで莫大な出費がかさんでしまう。でも、夢を諦めたくない。そんな方にも、コストをかけずに住所を借りることが出来るバーチャルオフィスはおすすめです。夢だけでなく大きなメリットも手放さなくて済みますから。

予算をかけずに起業したい方

会社を始めたいけど、出来るだけ予算をかけずに起業したい。 バーチャルオフィスは、そのような方にも最適です。 起業には様々な出費がありますが、事務所を構えるとなると、敷金・礼金・保証金等の初期費用、そして毎月の家賃が発生します。 実はこれが意外と経費を圧迫してしまうのも事実。 バーチャルオフィスならこうした経費を抑えることが出来ます。

社員が社長の自分一人である方

会社で働くのが社長である自分一人であるのなら、複数人が働くスペースは不要です。 コスト的な事を考えても、事務所を構えるのは効率的とはいいかねますね。 このような場合にもバーチャルオフィスは役立ってくれます。

いかがでしょうか?
勿論デメリットもありますが、バーチャルオフィスは使い方が合うのであれば、非常に便利なシステムといえるでしょう。

バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスは新しい時代のサービスシステムとして今注目されています。
その理由は、勿論、多くのメリットがあるからです。
それではここで、バーチャルオフィスを利用した場合のメリットについてご紹介しておきましょう。

バーチャルオフィスを利用するメリット

コスト削減が可能になる

バーチャルオフィスを利用する場合の一番のメリットは、実際にオフィスを借りる必要がない為コスト削減が出来るという事でしょう。 例えば、オフィスを借りるには「敷金・礼金・保証金」等の他に家具や事務用品を揃える必要があります。
しかし、バーチャルオフィスを利用した場合には、「敷金や礼金は不要」であり、「入会金や保証金は生じるが比較的安価」となります。 また、毎月の費用が1,000円程度からと、家賃と比べれば随分と安価に抑えることが出来ます。
固定経費の中でも大きな割合を占める事務所家賃。 これが軽減されるのですから、非常に大きなメリットといえるでしょう。

プライバシー保護が可能になる

プライバシーの保護もバーチャルオフィスを利用した場合の大きなメリットといえます。 法人登記をするとその情報は一般公開されます。 つまり、自宅住所で登記をすると個人情報が誰の目にも晒される事になるわけです。
また、今の時代会社のホームページは必要不可欠ですから、そこでも自宅住所を不特定多数の人間に晒してしまう。 当然、予期せぬトラブルに見舞われる可能性も否定出来ません。 しかし、バーチャルオフィスを利用した場合なら、貸し出された住所で全て対応が可能。
つまり、自宅住所を晒す必要が一切ありませんから、こうしたプライバシーを保護する事が出来ます。 リスクを考えずにする仕事の方が断然効果的ですね。

利用開始までのスピード感

普通に事務所を借りようとすると、複数物件の内見・比較そして契約。 さらにそこから、内装工事、電話工事、光熱水道手続き、什器搬入と様々な工程が必要になります。 しかし、バーチャルオフィスを利用した場合には、短い審査時間を必要とするだけですから、こうした一切の工程時間をカットする事が出来ます。 何事もスピーディ。 ある意味ビジネスの鉄則かも知れません。

一等地の住所でブランディング化に成功

事務所所在地は会社の信用等と共にビジネス面で大きな影響力を持ちます。 普通なら到底手が出せないような一等地でも、バーチャルオフィスを利用した場合にはそれが可能になります。 これだけでも十分なブランディング化に成功かも知れません クライアント始めとする対外的な信頼も比較的得られ易いですから、ビジネスもスムーズに進められるのではないでしょうか。

便利なサービスを受けられる

バーチャルオフィスでは住所貸し出しや荷物の受け取り・保管等が基本サービスです。 ただ、有料の場合が多いですが、それ以外にも非常に便利なサービスも用意されています。
例えば、「スタッフサポート」自身が多忙でもスタッフがこなしてくれますので、雑務要員を雇用するよりは効率的です。 他にも「会議室など共有スペースの活用」もあります。 ミーティングは常時行うものではありません。 その為に会議室を確保しておくことは非常に無駄。 しかし、バーチャルオフィスであれば、これらを必要な時だけ使う事が出来るので非常に便利です。

勿論、ここでご紹介したもの以外にもバーチャルオフィスには沢山のメリットが存在します。 そのポイントは、バーチャルオフィスのサービスを、如何に都合よく自身に合わせて利用出来るかとなります。
ご自身でこれ以外のメリットを見つけてみてはいかがでしょうか。

バーチャルオフィスのデメリット

それでは、バーチャルオフィスを利用する場合にデメリットとなる点についてもご紹介しておきましょう。
あらかじめデメリットを知る事で、リスクの回避に役立てる事が出来ます。

バーチャルオフィスのデメリット

1.業種により登記、許認可が難しい場合がある

やはりバーチャルオフィスのデメリットとしては、業種により利用が出来ないというものが大きいでしょう。 こちらは別途詳細をお伝えしますが、業種により登記が出来ない場合がありますし、仮に登記が出来たとしても許認可が降りない、そんなケースさえあります。 そういった事からも、バーチャルオフィスのご利用をお考えの場合には、ご自身の業種がバーチャルオフィスの利用可能か否かは事前に調べておく必要があります。

2.同じ住所の事業者が存在してしまう

こちらもバーチャルオフィスのデメリットとしては大きいと考えられます。 バーチャルオフィスの性質上、複数の事業者が同じ住所に存在する事になります。 ビジネスでは信用が一番です。 インターネット検索等で、住所が重複する会社が存在すると分かると、不信感に繋がる可能性も否定出来ません。 各種資料に「バーチャルオフィス利用」等の文言を添えておくのも手かも知れません。

3.その他想定できるデメリット

バーチャルオフィスのデメリットとして大きいのは上記の2つですが、それ以外にも

・銀行の法人口座の開設に不利な場合もあり得る

・融資の審査が厳しくなる場合もあり得る

・郵便物等の素早い受け取りが出来ない

・別途作業スペースが必要となる

等が想定できます。
ただし、こちらはマストという訳ではありませんし、事前に対策を講じる事で対応はある程度可能といえるでしょう。

バーチャルオフィスにお寄せいただくご質問と回答

  • Q 利用が出来ない業種等はあるのでしょうか?

    A 基本的に公序良俗に反すると考えられる場合にはお断りする事があります。 例えば、風営法の適用となるサービス業やギャンブル、アダルトコンテンツ。 それ以外にも、政治や宗教、暴力団に関係するような場合。 貸金業やファクタリング、ノンバンク等の金融業。 このような業種の場合には、ご利用を控えさせていただいております。

  • Q 個人事業主の利用は可能でしょうか?

    A はい。問題はございません。
    ネットショップや開業届の住所等にご利用のお客様もいらっしゃいます。 他にも、副業の為のビジネス住所を探される方等、幅広い分野でご利用いただいております。

  • Q ネットショップで利用したいのですが?

    A はい。問題はございません。
    「特定商取引法」に基づく住所の記載や、商品の発送元住所としてのご利用が可能です。

  • Q 利用に際して法人による制限はあるのでしょうか?

    A 株式、合同・合資・合名、一般社団法人、NPO法人等
    法人による制限は特には設けておりませんので、幅広くご利用いただけます。

  • Q バーチャルオフィスの住所を事前に知る事は出来るのでしょうか?

    A 申し訳ございませんが、そちらは出来ません。
    それというのも、バーチャルオフィスは犯罪収益移転防止法における規制対象となっております。 その為、お申込み後の審査を通過した方のみのご案内となっております。

  • Q どのような審査なのか、その内容を教えていただけますか?

    A 申し訳ございません。内容等審査に関わる詳細は、お答えいたしかねます。
    また、審査基準についても同様で公開はしておりません。

  • Q 複数の屋号や会社で利用する事は出来るのでしょうか?

    A 実際にオフィススペースを貸し出すことがないため、内装や広さなどでかかる固定費を抑えることにより低価格でのご提供が可能になっております。

  • Q 個人事業主でも利用できますか?

    A そちらは出来ません。
    1つの契約につき、1法人登記、1支店登録となります。

  • Q 途中で屋号の追加や変更は出来るのでしょうか?

    A はい。問題はございません。
    いつでも追加及び変更は可能となっております。

  • Q デビットカードを使用する事は出来るのでしょうか?

    A 生憎ですが、デビッドカードでのご利用はいたしておりません。

  • Q 契約において敷金や礼金等が必要なのでしょうか?

    A 敷金や礼金はいただいておりませんので、ご安心ください。

  • Q バーチャルオフィスはレンタルオフィス等とは何が違うのでしょうか?

    A バーチャルオフィスとは、お客様に住所を貸し出すサービスです。
    一方で、レンタルオフィスやシェアオフィスは、形式は様々ですが、実際にスペースを貸し出すサービスとなります。
    実質的なレンタルスペースの有無とお考えいただけると分かりやすいかも知れません。

  • Q バーチャルオフィスを安く利用できるのは何故なのでしょうか?

    A バーチャルオフィスの場合には、基本住所を貸し出すサービスとなり、実際のスペースを貸し出しておりません。
    その為、スペース確保や内装等の費用がかからない事から低価格でのご利用が可能となっております。

  • Q バーチャルオフィスの住所は住民票に使うことは出来るのでしょうか?

    A 申し訳ございませんが、そちらは出来ません。
    弊社としては、原則商業利用の目的として住所の貸し出しを行っています。従って住民票への使用目的としてはご利用いただけません。

  • Q バーチャルオフィスでの登記は違法となるのではないしょうか?

    A ご安心ください。バーチャルオフィスでの登記は違法ではございません。
    実際に、弊社の住所で登記をされているお客様も大勢いらっしゃいます。 業種によって登記が出来ない場合もある事から、そのような誤解も生じるようですが、当該業種でなければ問題はございません。

バーチャルオフィスの疑問点を解消!

それでは、バーチャルオフィスを利用するにあたって、度々疑問点・問題点と指摘される事案をその解消方法と一緒にご紹介いたします。

バーチャルオフィスの疑問点を解消!

法人の場合、銀行口座の開設が不利になる?

バーチャルオフィスを利用した法人の場合に、登記が無事出来たとしても銀行口座の開設で不利になる可能性は否定出来ません。 その理由は、実体のない事務所である事から、金融機関の調査が厳しくなるからです。 振り込め詐欺やマネーロンダリング等の犯罪防止がその目的で、事実犯罪に利用され口座の凍結を求めたものの中には、バーチャルオフィスを利用した法人名義のものもありました。

そうはいっても、バーチャルオフィスを利用した法人が必ずしも銀行口座を開設出来ないわけではありません。 金融機関により審査が通り易い、通り難いに差があるのも事実。 信用組合や信用金庫、地方銀行等は厳しい傾向にあるようですが、起業家に積極的な一部都市銀行やネットバンク等では比較的開設が容易とされています。 また、バーチャルオフィスによっては様々な相談窓口があり、一部では金融機関を紹介してくれるところもあるようです。

あくまでも、バーチャルオフィスを利用した場合に、口座開設で不利になるだけで不可能なわけではありません。

口座開設同様に融資も不利になる?

バーチャルオフィスを利用した法人の場合、銀行口座の開設と同様に融資でも不利になる可能性はあります。 バーチャルオフィスを利用した法人だからとの前提で不利になる事は少ないようですが、審査の過程で比較的厳しくなるといわれています。 特に起業時・開業時に事業資金を借り入れる創業融資は難しいという声も聞かれます。

雇用保険や社会保険への加入は出来るの?

バーチャルオフィスだからといって、雇用保険や社会保険等に加入出来ないという事はありません。 確かに、少し前までは、資金台帳等の必要書類の保管義務が問われ、その保管場所の確保が義務付けられていたようです。 しかし、現在ではそれは見受けられなくなり、バーチャルオフィスを利用した法人でも雇用保険や社会保険等に加入することは可能です。

簡単に起業出来る反面で信用度が低くなってしまう?

法人登記も可能で、最低限必要な初期費用さえあれば簡単に起業が出来るわけです。個人事業よりも法人格として事業を始める方が、一般的な信用という意味では高いともいえるでしょう。それだけでも十分な恩恵とも思えますが、それでもバーチャルオフィスの信用が気になるのであれば、それは実績でカバーするのが一番ですね。 class="item_text">「実在しない事務所」これにより容易に事業を始められる一方で、実際に事務所として存在しない事から信用面で劣ってしまう事はあります。それは過去に詐欺等の犯罪に利用された事実があるからです。あくまでも印象の問題ですが、容易にスタート出来る代わりの苦労ともいえそうです。法人登記も可能で、最低限必要な初期費用さえあれば簡単に起業が出来るわけです。個人事業よりも法人格として事業を始める方が、一般的な信用という意味では高いともいえるでしょう。それだけでも十分な恩恵とも思えますが、それでもバーチャルオフィスの信用が気になるのであれば、それは実績でカバーするのが一番ですね。

ビズアシスト大阪WEB動画

ビズアシスト大阪のWEB動画をご紹介します。

新着情報

2023年10月2日

webサイトリニューアルのお知らせ

2023年08月05日

弊社のお盆期間の営業時間のお知らせ

2023年04月15日

弊社のゴールデンウィーク期間の営業のお知らせ

2022年12月10日

弊社の年末の営業時間のご案内

2022年09月18日

バーチャルオフィスプランの価格改定のお知らせ

2022年06月12日

webサイトリニューアルのお知らせ

大阪のバーチャルオフィスに関する
わからないことは、
まずはビズアシスト大阪へご相談ください。

メールでのお問い合わせ

24時間365日受け付けています。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-409-730

平日10:00~18:00