犯罪収益移転防止法

犯罪から生じる利益の流用を取り締まる法令:「犯罪資金移転禁止法」(2008年3月1日施行開始)
この法令は、犯罪によって得られる利益の移転を抑止し、国民の生活の安全と平和を維持すると同時に、経済の成長を促進する目的で立法されました。この法律は犯罪からの収益の流用を防ぐための重要な役割を果たしています。

  • 1. 背景と目的

    犯罪の収益、特に振り込み詐欺などが、組織犯罪やテロ活動の資金源になり得る危険性があります。また、国際的なマネーロンダリング対策としてFATF勧告に基づき、金融機関だけでなく他の事業者に対しても対応が必要とされています。

  • 2. 当社への影響

    本法律に基づき、当社のサービス、例えばレンタルオフィス・バーチャルオフィスのご利用、会社設立、定款変更などの業務を受ける際には、すべての依頼者と発起人の身元確認が義務付けられました。お客様の理解と協力をお願い申し上げます。

  • 3. 当社の本人確認方法

    お客様から業務依頼を受けた後、以下の身分証明書のコピーをいただくことで、犯罪資金移転防止法への対応を行っています。

    ・運転免許証

    ・パスポート

    ・健康保険証

    ・国民年金手帳

    ・住民基本台帳カード(氏名、住居、生年月日が記載されたもの)

    ・外国人登録証明書

    お客様の住所地への転送不要での書類送付も行っておりますので、ご安心ください。
    この法律は、社会全体の安全と経済の健全な成長を目指す重要な取り組みです。当社もこの法の精神に則り、責任を持って対応しております。

大阪のバーチャルオフィスに関する
わからないことは、
まずはビズアシスト大阪へご相談ください。

メールでのお問い合わせ

24時間365日受け付けています。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

050-5361-1448

平日9:00~18:00